大人のキレイ上手

子育てママのファッション&美容

食べるだけで痩せる魔法の食材 【フルーツ編】

      2016/06/23

リンゴ

今回は、食べただけで痩せるという、マイナスカロリーダイエットの第2弾、フルーツ編に行きたいと思います。

前回の野菜編はこちらの記事をご参照ください⇒食べるだけで痩せる魔法の食材 【野菜編】

今回ですが、フルーツの中でも、「リンゴ」を取り上げたいと思います。

リンゴを取り上げた理由は、主に3点です。

・過去にリンゴダイエットが流行った記憶がある。

・1日1個食べれば医者いらずということわざを聞いたことがあり、体によさそう。

・1年中、スーパーで見かける食材。

それでは検証していきたいと思います。

1日1個で医者いらずは本当か

これは、ウェールズ地方での古くからのことわざと言われています。

食べる量ですが、1日1個というのは、ウェールズ地方では100gのことですが、日本の場合、1日半分のリンゴがその量に値します。

 リンゴの効能

アンチエイジング効果…リンゴポリフェノールというものがふくまれています。これは、体の活性酸素を減らし、中性脂肪を燃焼させ、コレステロール値を抑制させてくれます。

・心臓病、脳卒中の予防…体内の塩分を排出してくれる「カリウム」が多く含まれます。血圧が下がるので、高血圧の予防、また、体のむくみを摂ってくれます。

・ぜんそく、気管支炎などの肺疾患の予防

疲労回復効果…クエン酸やリンゴ酸が含まれており、乳酸を減らしてくれます。

便秘、整腸効果…ペクチン、セルロースが整腸作用になり、消化不良や、下痢や便秘などにも効果的です。また食物繊維が体内の余分なものを排出してくれ、デトックス効果があります。

虫歯の予防…アップルフェロンで虫歯の予防になります。

息子は、普段はリンゴには関心がないのですが、熱があり、食欲がないときはリンゴは食べてくれます。

また、私は胃が弱く、体調が悪くなると食べられなくなるのですが、すりおろしたリンゴは食べられます。

体の調子の悪いときには体が欲するのでしょうか。

リンゴを最大限生かす食べ方

アンチエイジングに効果絶大な「リンゴポリフェノール」は、皮の直下に凝縮されているので、皮ごと食べるのが効果的です。

なるべく、農薬の少ないリンゴを選びたいですね。

また、赤みが濃いリンゴがポリフェノールが多いので、選ぶときは色もチェックしてみてください。

え?リンゴ以外でもやせるフルーツはたくさんありますよ

グレープフルーツ、オレンジ、桃、パイナップル、イチゴ、スイカ、メロン、クランベリー、ブルーベリー、ラズベリーなどです。

ココナッツオイルリンゴのレシピ

私は、リンゴは生より、アップルパイなどにはいっているコンポートが好きです。

リンゴに含まれる食物繊維のペクチンですが、加熱すると抗酸化力が9倍にもなるそうです。

また、ココナッツオイルでリンゴを焼くのも美味しそうですね。

モデルのローラさんがテレビで紹介していたそうです。

私は観ていないのですが、リンゴを切って、ココナッツオイルを使い、フライパンで焼くだけ!

クックパッドのレシピはこちらです⇒ローラ流ココナッツオイルリンゴ

本日もお読みいただきまして、ありがとうございました。 



 - ダイエット, 食べもの , , , ,