大人のキレイ上手

子育てママのファッション&美容

赤ちゃんとお母さんとバスの運転士さん

      2016/03/13

泣いてはいけない場所で、赤ちゃんが泣き止まない、ということ…。

子育て中は誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

今日は友人から聞いたお話をご紹介します。

横浜のバスの中、赤ちゃんとお母さんがバスに乗っていました。 赤ちゃんが泣き出し、あやしても泣き止まない… お母さんは、周りの乗客に頭を下げています。 その時、バスの運転士さんから、アナウンスがありました。 「お母さん、大丈夫ですよ、気にしないで。赤ちゃんはきっと眠いか、暑いか、おなかがすいているんですよ。元気でいいですね。」 そのアナウンスで、車内の空気は和んだそうです。

私は、子供が騒ぐことを肯定しているわけではありません。しつけは大事だと思います。

しかし、まだ話ができない乳児は、泣くことでしか自分の希望(お腹がすいたとか、眠いとか)を伝えることができません。

そんな小さい子を連れて電車やバスには乗らないでほしい、という意見も聞きますが、レジャーではなく、乗らなくてはいけない場合もあります。

お母さんも泣かしたくて泣かしているわけではないし、準備万端にしても、泣くときは泣いてしまうし…。

子連れでも、外出しやすくなる空気が増えるといいな、と思いました。

話は変わりますが… この写真ですが、夏休み、みなとみらいに行ったら、ピカチュウの大群に遭遇してしまいました。

私、ポケモン世代ではないので、よくわからないのですが、ピカチュウ、かわいいなとは思っていて。

そんなかわいいピカチュウが大量にみられて、かなり幸せな気持ちになりました。

ぴかちゅう

本日もお読みいただきまして、ありがとうございました。



 - 育児