大人のキレイ上手

子育てママのファッション&美容

テニスボールで筋膜リリースすると、ダイエット、体のゆがみ解消に効果的です 「あのニュースで得する人 損する人」 2015年5月14日放送の内容

      2016/04/27

「あのニュースで得する人 損する人」 2015年5月14日放送の内容です。

テーマ③の「ウエディングドレスを着たい!長野の新妻が‘ある物’でながらダイエット」についてです。

ながらダイエットという言葉に魅力を感じませんか。

今回は、食事ではなく、あるものを使い、室内で行うことのできる簡単なダイエット方法の紹介でした。

この方法を実践した50代、2児の母である女性は、期間が半年でマイナス10㎏減、ウエストもマイナス9㎝、7年以上たったいまでも、体重や体型をキープされているそうです。

過去記事の おかゆダイエット 冷やした炭水化物ダイエット よりも、簡単な方法です。かかる費用もなんと!100円くらいです。

使うのは、テニスボールです。

我が家には偶然にもテニスボールがありました。

産前、陣痛の痛みを和らげるために買っていたものです。3個で315円だったみたいです。

ちなみに購入場所はスポーツオーソリティーでした。 テニスボールとしては安い方らしいですが、実際テニスでつかうのではないので、安いボールで充分ではないでしょうか。 

テニスボールでやせた理由は、筋膜リリースをしていたからです

テニスボールを使って痩せた女性、はじめの目的は「骨盤矯正」だったそうです。

テニスボールを使いマッサージをしていたら気持ちよかったことから、首や肩、太ももなどに、コロコロしていたら、半年で10㎏痩せていたという話でした。

VTRでも、洗濯と掃除をした後に、寝ころびながら、テニスボールをコロコロしている状態がうつっていました。

時間は5分から10分でいいそうです。

すきま時間で効果があるなんて、魅力的ですよね。

筋膜リリース

そして、なぜ、テニスボールをコロコロすると痩せるのかというと、「筋膜リリース」をしていたからなんです。

実践結果

簡単だったので、早速実践しました。

あまり上手にテニスボールがころがせませんでしたが、その日は、お昼、夜とカレーライスをもりもりと食べてしまい、どう考えても体重が増えるのではなかろうか、という状態でしたが、なんと、翌朝は0.5㎏減少しました。

このテニスボールのおかげなのかははっきりとはしませんが…。 最近はあまり体重が減らないので、私としては1日で0.5㎏減はうれしいところです。

筋膜リリースとは

私は、筋膜リリースという言葉を初めて聞きました。

スポーツをやっている人にはなじみの言葉かもしれません。

筋膜リリースとは、例えばパソコンを長時間していると猫背になり、その姿勢で体が凝り固まってしまうことがありますが、そうした日常の癖や習慣でゆがんだり、縮んだり、ねじれた筋膜をもむほぐす方法のことです。

筋膜がほぐれると、筋肉の本来の力を発揮することができるので、全身の基礎代謝があがり、体重の減少にもつながるのです。

筋膜とは、頭の天辺から足の先までを覆っているネット状の線維のことを言います。

下の説明をしてくれている方の言葉では、ソーセージの皮の部分と考えればわかりやすいそうです。

よりわかりやすい説明は、こちらでどうぞ↓

また、筋膜リリースの方法もYouTubeにありました。

足の裏、太もも、肩甲骨などシリーズだったのですが、太ももにはストレッチポールが必要で、肩甲骨も、テニスボールを2個、テ

ープでとめる手間が必要なので、一番簡単な足の裏にしました。

行ってみると、これはコロコロともみほぐすというより、足の裏の痛いポイントを全体重をかけて、ボールで押す感じでした。

気持ちいいですが、私の体重でボールが凹みます…。果たしてこれを続けてテニスボールは無事なのでしょうか。

ゴルフボールでもいいらしいので、そっちの方が強そうなイメージです。

テニスボールの安さがいけないんでしょうか…太っているから?そこはわかりません。 足の裏、押すと気持ちよかったです。

正しいかわかりませんが、お尻や、太もも、腰などにもボールを押し当ててみました。

ちなみに、ダイエット希望の長野の女性も一回りほど小さくなっていました。

テニスボールで筋膜リリース方法のまとめ

テニスボールを用意します。安いもので大丈夫だと思います。

体の凝りを感じるところにコロコロとテニスボールを転がします。

または、凝っている部分に、ボールを置き、圧をかけます。

時間は1日5分から10分です。

いかがでしょうか。

体の凝りがとれ、痩せる、しかも簡単、費用もかからずと、良いことづくめですね。

これで、「あのニュースで得する人 損する人」のダイエット特集は終わりです。

沖縄の大家族については、子供たちが下の子のお世話をしたり、洗濯物を自分で片づけたり、家が散らかっていなかったり、我が家では見習いたいところばかりでしたが、ダイエットには関係ないので、このくらいで…。

本日もお忙しい中お立ち寄りいただけまして、ありがとうございました。  



 - ダイエット , , ,