大人のキレイ上手

子育てママのファッション&美容

インスタ映えするタチヒビーチ。子どもも楽しめますが、未就学児の料金体系に不満も…

   

tachihi 4

タヒチではなく、立川の立飛(たちひ)にビーチが出現しました。

その名も、「タチヒビーチ」(TACHIHI-BEACH)です。

子どもと混んでいる海に行くのは大変、でも、きれいな砂で遊ばせたいな~という時や、まるでリゾート地へ行ったような写真が撮れるので「インスタ映え」には最適なビーチです!

しかし、細かい部分ではありますが、不満点もあったので、正直にお伝えしようと思います。

タチヒビ―チはららぽーと立飛のすぐそば。モノレールでも立川駅から10分です

タチヒビーチへの行き方ですが電車で行く場合は立川駅から立川北駅まで徒歩で行き、多摩モノレール・上北台行に乗るとおよそ10分で立飛駅に到着します。

ららぽーと立飛とは反対の位置にあるのがタチヒビーチです。

駅から歩くと、ブルーの看板で教えてくれます。

 

tatchihi 1

クマさんがこちらです、と案内してくれます。

tachihi 2

入口はここ!

なお、駐車場はありません。車の場合は、近隣のコインパーキングを探したほうが良いですね。

tachihi 3

近隣の駐車場情報はこちらで確認できます➡NAVITIME TACHIHI BEACH近隣の駐車場

混雑状況は?2017年の夏休み、平日の午後はすいていました

私が行ったのが平日の午後だったんですが、すいていました。夕方くらいから、大人が増えてきたので、子連れで行く場合は、午前中と、午後15時くらいまでが良いと思います。

まだ夏休みが終わっていないので、行くならば平日がオススメです。

まだ夏休みの思い出作りが終わっていない場合は絵日記にも最適かもしれないです。

ビーチの入場料金は安い!が、不満点も…

タチヒビーチでは、バーベキューを行うこともできますが、ビーチだけの入場もOK。

利用料金は300円でワンドリンク付きと安いのですが…ちょっと問題が。

大人の入場料金は300円、小学生以上は150円でワンドリンクがつきますが、我が家の場合、幼稚園児がいたため、子どもの入場料金はかかりませんでした。

しかし、ビーチ。海があるわけでもないので、暑いです。

ドリンクがないと熱中症の危険もありますが、ドリンクだけを頼んでも300円かかります。

それならば、小学生よりちょっと割高に…。

飲み物は300円ですが、数時間滞在する場合は何度も頼むことになりますし、飲食物の持ち込みは不可(ただし、バーベキューの食材をららぽーと内にあるスーパー、ブルーミングブルーミーで購入が可能です。)なので、それなら、一律小学生以下でも150円を払い、ワンドリンクくれたほうがいいな、と思いました。

一応、キッチンカーがあり、飲み放題メニューもありましたが、バーベキューをしないで利用できるかがわかりませんでした。

なお、今回、私はバーベキューはしませんでしたが、バーベキューの席は限りがありますし、HPで予約ができるので、土日や祝日の場合は予約したほうが安全かもしれません。

バーベキューの申し込はタチヒビーチのHPから可能です。

写真では、右がバーベキューエリア、左がビーチ入場エリアになっています。

tachihi 5

子連れでのタチヒビーチ、オススメの持ち物3点!

今回よくわからずにいきましたが最低限もっていたほうが良いな、と思ったものをお伝えします。

・ビーチサンダル➡気温によっては砂が熱い場合もあります。
・着替え、もしくは水着➡砂遊び、またシャワーもあるので、着替えは必須です。
・帽子➡時間帯によっては日陰になっているところもありますが、炎天下の砂浜で何時間も遊んだら熱中症の危険があります。

我が家は、イケアで購入したお城をつくる砂場セットや、砂遊びができるものを持っていきました。

関連記事:IKEAの砂型「SANDIG」でお子さんと一緒に夏を楽しみませんか?

特に注意されることもなかったので、持ち込みはOKだった…気がします。

そして長時間いると結構日に焼けたので、日焼け止めも塗っていったほうが無難です。

水着で水鉄砲で水遊びをしていた少年たちや、おそろいの服や髪型でインスタに載せるであろう写真を撮っていた女子中高生も見かけました。

ヤシの木(人口)の下にシャワーがあります。子どもが使うと服がぬれてしまう場合もあるので、着替えは必須!

tachihi 6

インスタに載せるには撮り方に工夫が必要です

ブログを書いていますが、インスタをやっていないし、あまり見ないので、正直、よくわからないんですが、写真をうまくとらないとビーチっぽさが薄れます。

・ビーチっぽい写真

tachihi 4

・ビーチっぽくない写真

tachihi 7

このように、少し遠目から写真を撮ると、後ろの工場?がうつるので、なるべく近くで撮り、ビーチっぽさを演出してください!

この写真は遠くで撮りすぎましたが、ある程度近寄ってもうまい角度で撮らないと後ろがうつってしまうので注意です。

最後に

いかがでしたか?

このタチヒビーチ、タレントや冒険家、アウトドア愛好者の「清水国明」さんがプロデュースしていますが、子どもたちは砂遊びに大満足でした。

私は幼児の料金体系にちょっと不満がありましたが、そこ以外は楽しめましたし、次回はバーベキューも楽しみたいと考えています。

海に行ったときほど、身体がべたべたしないし、砂もきれいなので、子連れでも楽しめました!

本日もお読みいただきまして、ありがとうございました。



 - お出かけ , , , , , , , , , , , , ,